管理人のJKリフレの体験談とアドバイス

 
★記事の更新日
現在閲覧中のページは約3分で読めます。
ハッピーメール・記事上

始めに

一時期JKリフレに物凄くハマった管理人です(笑)

JKリフレにハマった期間は27歳~30歳の約3年間で費やしたお金は総額140万近くになります。少なく見積もっても40人以上のリフレ嬢とは対面してきましたので、女の子達の表の顔も裏の顔もある程度は把握してます。いわゆる心理状態とかですね。

連絡先交換や店外とかも普通にしてました。

100万以上もお金を費やしてきたので、JKリフレの攻略に関してはそんじゃそこらの人達より自信ありますね。

ただし、攻略情報は派遣型リフレの最大手である制服オーディションやあられとかに限ります。店舗型は3回ぐらいしか利用したことないので、店舗型と派遣型とは攻略が変わってくると思いますので。

JKリフレで得た体験や経験を何か活かせないかと思い、サイトで情報発信することにしました。

JKリフレで何か分からないことがありましたら、管理人が誠意をもってアドバイスしますので気軽にご連絡ください^^

JKリフレにハマったキッカケ

ハマったキッカケなんですが、当時仲の良い友達(女性)と別れてその反動でリフレを利用するようになりました(笑)

その女性とは相当仲良かったので、恋愛経験が少ない管理人でも彼女にできるのではないかと確信してたのですがとある事情で関係に亀裂が入って終了しました。

その女性とやり取りしたり遊んだりしてたときは凄く楽しかったのですが、いざ関係が終了すると物凄い心に穴があきます。空虚感っていうやつですかね。

その寂しさや不安を埋めるために、JKリフレにハマるようになりました。

始めて利用したのが秋葉原の店舗型みるきーろりっくです。田舎帰りに秋葉原によったらJK姿の女の子に声をかけられて付いていったのが初のリフレです。

恋愛経験が少ない私にとっては性行為はないものの、女の子の密着度が凄かったのでかなり興奮しましたね。リアルであれだけ密着される機会は彼女を除いてそうそうないからです。

また、当時は裏オプションなんて存在も知りませんでした。

しばらくは店舗型を利用してたのですが、毎回お店に通うのも面倒だなと思い派遣型にも手を出すことにしました。

店舗型はお店の人もいるので周りの目が気になる人はあまり向いてないんですよね。その点、派遣型なら女の子と二人っきりなので恋人のようなシチュエーションを求めてる方はこちらのほうがおすすめです。

派遣型リフレで初めに利用したのは最大手である制服オーディションですね。制服オーディションは質でいえば業界最強であり、アイドルみたいな可愛い子も普通にいます。

少なくとも当時は容姿面で地雷になるような女の子はほとんどいなかった印象です。おまけにサービスも積極的な子が多く通っていて楽しかったです。

ただし、最近の制服オーディションは量は多いですが、質に関していえば昔のほうが数段上のような感じがします。

まとめ

ざっくりではありますが管理人のJKリフレ体験談をまとめました。

冒頭でもお伝えしましたが、JKリフレで分からないことがありましたら気軽にご相談ください。

当サイトがリフレを利用する皆さんの力になれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました