日本のアダルト市場の経済効果はいくらなのか?推計46兆円

 
★記事の更新日
現在閲覧中のページは約1分で読めます。
ハッピーメール・記事上

風俗やアダルトなどのアダルト市場全体の経済効果はいくらぐらいなのか皆さんご存じでしょうか。

アダルト市場全体の経済効果は46兆円(2014年度)

アダルト向け食品市場(酒類、たばこ、滋養強壮ドリンク、マカ、スッポンエキス)は7兆2400億円

ギャンブル市場(パチンコ、雀荘、競馬、競輪、オートレース、競艇、宝くじ、スポーツ振興くじ)は30兆2786億円

◆風俗施設・サービス市場(ラブホテル、ソープランド、ファッションヘルス、デリヘル)は3兆5775億円

株式会社矢野経済研究所より

なんと1年で46兆円以上らしいです。さすが人間の三大欲求の一つです。

アダルト市場の経済効果を東証一部上場企業と比較

アダルト市場の経済効果はいずれも兆円超えですが、これだとどれくらい凄いのか見当がつかないので東証一部上場企業と比較してみました。

2014年度年間売上(2019年度)
アダルト向け食品市場
7兆2400億円
パナソニック
約7兆4900億円
ギャンブル市場
30兆2786億円
トヨタ自動車
約29兆円
風俗施設・サービス市場
3兆5775億円
スズキ・ホンダ
約3兆4000億円

比較してみるとやばいですねwこれほどの経済効果があるんですね。

ただ、このアダルト市場のデータは2014年度なので、今だとさらに上って感じでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました