本気で嫌がり逃げ惑う男と死に物狂いで男を●すオンナ20人 sdmt-537

 
★記事の更新日
現在閲覧中のページは約3分で読めます。
ハッピーメール・記事上

SODクリエイトの「本気で嫌がり逃げ惑う男と死に物狂いで男を●すオンナ20人」。監督はルイさん。

AV女優は、「あすかみみ、甲斐ミハル、水元鈴乃、小桜りく、星崎キララ」さんらが出演。

逆レイプとは男性を強姦することを指すと逆レイプについての質問がある。本気で男が抵抗する作品はないということで、本気でぶつかり合う対戦を用意した。

その名もガチ逆レイプバトル。これまでの逆レイプ作品の常識を覆す戦いをご覧いただけるという。

まずはパワーバランスを考慮し、AV女優20名に対して男性5名。女性陣は普段はレイプ系作品に多く出てることもあって、男性に対して逆レイプしたい、復讐したい気持ちの人達ばかりだ。

男性の中には剣道3段の強者や女はやり捨てが基本というまさに女の敵のような考えの方もいる。

ハンデとして事前に男性にハードな運動を行う。ボートで山中湖一周やランニング15kmを走る。腕立て伏せや腹筋などの筋トレも各100回行う。

鬱憤を晴らすために女性陣はやる気満々だ。男の人にレイプされる気持ちを分からせてやりたい。ボコボコにしたいなど理由は様々だ。

十分に男性陣が疲れ果てたところでバトル開始。5人を取り囲み困惑する男性たち。

逃げる男性陣に対して必死で捕まえる女性達。

話せよと抵抗するが、体力を使い果たしてる影響もあり、なすすべもなく捕らえられてしまう。器具や紐で両手両足を拘束、口枷や鼻フック、様々な手段を用いて男性の行動を封じてしまう。

汚い手で触るなブスどもがと罵倒を浴びせるが女性達は止める気配は全くなし。ブスにアナル入れられて気持ちいいのかと馬鹿にする。

身動きを封じて、乳首舐めやチンコを手コキフェラで勃起させていく。負けてたまるかと一度は起きあがるが、3人がかりですぐにマウントを取られてしまう。殺したくないからじっとしてろと命令

オッパイを押し付けてきたりと何でもありで、十分に立たせたらついにピストン騎乗位へ突入。

JK姿の女性がベロチュー、黒い下着姿の女性はフェラチオのダブル攻撃で逝く寸前。

まとめ

企画としては非常に面白いですね。ただ、雰囲気が明るいので逆レイプというより運動会や乱交パーティーみたいな感じがします。

基本的に逆レイプは雰囲気が陰湿というか暗いほうがいいんですよね。例えば女性のレイプ作品で明るい作品なんてないと思うんですよ。それと同じです。女性が喜んでたらレイプ作品としては成立しないです。

女優は20名いるにも関わらずルックスに関しては見劣りします。サンプル動画やパッケージ画像を見て分かると思いますが、ルックスは期待してはなりません。

20名もいるならバランス的に2〜3名は可愛い女優さんを入れても良かったんではないかと思います。例えば学校のクラスでも1人や2人はそこそこ可愛い子っていたと思いますが、全員が可愛くないというのも逆に不自然なんですよ。予算の関係上ですかね。

顔面騎乗や手コキ、フェラ、ベロチューなど基本プレイは一通りあり、おしっこ(聖水)を飲ませる場面もあります。

しかし、騎乗位で逝くシーンはラストの1回しかありません。しかもゴム有りでなので微妙なところです。

色々と消化不良な感じでした。企画としては面白いので可愛い女優を入れたりするなど、もう少し工夫をすれば化けると思います。

あと人数が多くなるとどうしても質が落ちますので、逆レイプは男性1人に対して女性1〜3名ぐらいが基本かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました