ハッピーメール・ヘッダー

逆レイプ

 
★記事の更新日
現在閲覧中のページは約2分で読めます。

私は逆レイプの作品が好きで沢山見てます。エロビデオで逆レイプの作品は非常に多いですが、最近の作品内容にはとてもがっがりしています。

何故かと申しますと、逆レイプと謳っている作品の多くが逆レイプになってないんですよねw

それでは逆レイプの定義をおさらいします。

男性の合意なし、意思に反して性行為を強要することです。女性の逆バージョンですね。

つまり、男性が喜んでたら逆レイプではないんですよ。

逆レイプ作品と謳っているエロビデオの大半が男性は喜んでますよね。出演者だけが喜んでるだけなんですよ。抵抗したりとか拒否したりとかしてません。

これではとても定義には当てはまりません。

プレイの途中までは順調だったものの、いきなり正常位やバックになったり、極めつけは自ら腰を振ったり下から突き上げたりしてます。

これではただのノーマルなエロビデオと変わりません。

逆レイプは演出が非常に重要です。設定作りが全てといっても過言ではないでしょう。ドラマ性が大事なんです。

抵抗や拒否しても有無を言わさず好きでもない女性に無理矢理犯され中出しされる。そこに視聴者は興奮してるんです。そこを理解しないと良い作品は作れません。

男性が喜んでたら逆レイプの定義から外れるので興奮しないのです。

男性が責める内容も含まれてるなら痴女でいいと思います。

しかし、逆レイプ作品では男性が責めたり喜んだりしてはなりません。というより責められない設定作りが重要です。

女性はどうしても男性より腕力が劣るので、一対一ではまず勝てません。

ここで設定や演出が鍵になってくるわけです。数で支配するか、格闘技経験者、拘束など色々あります。

また、男性は小柄や細身といった外見が弱々しいAV男優が理想です。ガタイがいい人だとリアリティがありません。現実でガタイがいい人が襲われることはないです。

これは社会生活全般で言えますが、大体因縁付けられやすい人って外見が弱々しいタイプですよね。強そうな人はターゲットにされにくいです。

また、ただの受身になってる作品もありますがこれはただのマグロですので辞めたほうがいいでしょう。

逆レイプで正常位や下から突き上げる意味不明なプレイは不要です。騎乗位ほど逆レイプに相応しい行為は他に見当たりません。

まとめ

途中まで良かったのに何を血迷ったのか最後の最後で攻守逆転する作品があまりにも多いですよねwもったいないです。

逆レイプを作る予定のエロビデオメーカー様はぜひ改善してほしいです。

コメント