入院中看護婦に逆レイプされた患者 dkss-034

mdvr-144 
atid-457 
ebod-817 
★記事の更新日
現在閲覧中のページは約3分で読めます。
ハッピーメール・記事上

OFFICE K’S作品による逆レイプ作品です。1章~4章まであります。

1章は1人の細めの看護婦が寝ている男性患者に近づいてまたがり、両手をベッドに縛り付けて拘束し身動きを取れなくします。

犯す準備が整ったら愛撫を開始。軽くキスをすると患者が目を覚まし「何やってるんですか」と困惑状態。そんなことはお構いなしにキスや乳首舐めを続ける痴女っぷり。

徐々に下半身へ手が伸びていきズボンを下ろすと勃起状態。そのままフェラチオをされて男性患者になすすべはない。

物足りなくなってきたのか私のも舐めてと強制クンニを強要。パンストとパンティを脱がしながら上半身へ迫っていき顔面騎乗を炸裂。喘ぎ声をあげながら乱れる看護婦さん。

向きを変えてシックスナインで責め立てる。

十分に勃起したらチンコを入れたいと患者に命令。男性は首を横に振るが、そんなことはお構いなしでコンドームを着用させて強制騎乗位に成功。

ひたすらピストン運動を続けて男性患者は必死に堪える。最後は騎乗位で女性が昇天しご満悦の様子。

男性患者はショックを隠し切れない様子で頭を抱えて掛け布団を身体にかぶせて終了。

2章は1章の女性とは異なり、やや体つきも豊満な看護婦。プレイ内容はほぼ第1章と同じなのですが、あまり女性が喘いだり喋らないのが好印象です。

無言でどんどん責めていく感じなのでこれぞ逆レイプ!犯されてるって感じです。特別会話もせずに性欲処理のためだけに責められ続けるのは男性側にとっても不気味な感じで良い演出をしてます。

3章は看護婦二人による3P責め。

4章はなんと2章を除く全ての看護婦女性が勢ぞろいで4P状態。

まとめ

数あるエロビデオの中でも未だに逆レイプ作品では最高に近い出来だと思います。当初はこれを何度も見てましたね。

まずこの作品では男性と女性の立場が攻守逆転にはなりません。

最近のエロビデオでは画質こそ向上し逆レイプは謳っているものの、最後の最後で男性が正常位になったりと紛い物の逆レイプ作品が多いですよね。

逆レイプな訳ですから男性が責めてはだめで逆転しちゃいけないんですよ(笑)徹底的に男性を犯す必要性があります。

途中までは良いと思った作品でも、騎乗位でも何を血迷ったのか下から上へと突き上げるのもまた多いです。

逆レイプ作品は男性はマグロに近い状態が理想です。抵抗をしつつも女性によって強引に犯されるのが理想です。ただし、どうしても腕力は女性より男性が勝るわけですから、薬で眠らされたり、手足を拘束されたりという演出が必要になってきます。

カメラワークも第三者視点で良いです。

逆レイプ作品としては不満な点はないです。

商品名入院中看護婦に逆レ●プされた患者
発売日2007/11/10
出演者
メーカーOFFICE K’S
監督
品番dkss-034
収録時間77分

コメント

タイトルとURLをコピーしました